2013/08/22

パラオ諸島 マカラカル島 ガルメアウス島 ウルクターブル島

 
今回自分は天候に恵まれたようで、雨季ということもありずっと雨だったようだ。
 
パラオでは大概のアクティビティをこなすのに地域(海)へ入るための許可証が必要になる。
 
そういった手続きはガイドさんにお任せした。
 

船で出発。


日本統治時代の名残が見られますね。



これは確かナチュラルアーチだったかな。

真ん中が空洞になっているけどそのうち全部落ちそうだね~。

波乗り以外でも随分楽しめるようになった自分は何をやっても楽しい。

ようは自然と触れ合う事がこのうえない幸せであります。


レンタルのシュノーケルマスクをつけて潜ってだいぶ遊びました。

カメラは防水デジカメを準備していきました。


しかし、防水デジカメを所有の皆様はお気を付けください。

ボディに防水15メートルとか18メートルとか書いてますが自分の個体は

5~8メートル付近の素潜りを繰り返しただけでもレンズと液晶が曇りました。

しばらく日に当ててたら復活しましたけど。

やはりハウジングが基本ということでしょう。




しばらく遊んだ後はジェリーフィッシュ・レイクのあるマカラカル島へ。




ここは目的地まで約10分ほど歩きます。

軽い密林トレッキングといった感じ。


ジェリーフィッシュ・レイクやミルキーウェイはパラオのお決まりコースっぽいので

どれだけ自分が楽しめるのか最初は疑問があったんですが、実際はかなり楽しみました。

マングローブやその他の生態を見ているだけでも感動します。


レイクというだけあって、ここは湖なんですが

以前は外洋とつながっていたらしいです。

それが長い年月とともに周囲が完全に陸地で覆われて現在の湖となっているようです。

その結果、ここのクラゲちゃん達は外敵が不在となり毒を持たなくなったみたいですね。

手で触っても何ともないです。

強く当たると粉々になりますのでご注意。


なかなか上手に撮れましたかね?



クラゲの真下から空を見上げて。

不思議な絵が撮れます。



なんか宇宙船みたいです。




ジェリーフィッシュ・レイクを後にして次に向かったのは ガルメアウス島。


一応、無人島らしいんですが各国の方がノンビリしてました。



一応、トイレあります。



今回の旅で印象に残っている木の一つですね。

とてつもなくデカかったですよ。



島の裏側でひっそり過ごしました。






美しい自然の造形美。



ガイドさんに撮ってもらいました。


ガルメアウス島で昼食後は、今後のために試しておきたかったシーカヤック。

過去には一度やったことありましたが、現在は目標が明確であるため適性を確かめたかった。

県内沿岸のシーカヤックの旅を実現したくて。


しっかし、色がクリームソーダ。



流石にロックアイランドと呼ばれるパラオ。

小さい岩でできた島がコロコロ点在している。

その中をシーカヤックで楽しむ。



途中でパドルボードみたいに立ち漕ぎしてたら前方に何かうごめくものを発見。

思わず 「 カメ だ! 」と声を上げてしまいましたが、自分のカヤックの真下を勢いよく泳いでいなくなりました。

その瞬間を運よく撮れたものです。




自分もこの中に入ったら溶けるのかなぁ。



撮ってもらいましたが逆光でしたね。

立ち漕ぎのいいところは海中の景色が一望できるところでしょうか。



あっという間にカヤックも大好きになりました。



コントロールも自由自在。

ロックアイランドの全部といってもいいくらい下側が海に浸食されてこのように窪んでいます。

仰向け漕ぎで動植物の生態をチェック。

素晴らしい時間です。


まだ続きます。

この日のラストはミルキーウェイのあるウルクターブル島へ。


テレビでは見たことありましたが本当にクリーム色っぽいです。

パラオ人のガイドさんが潜水して海底の石灰?を大量にすくってます。

それをバケツでしばらくこねまして弾力がついた頃に全身に塗りたくります。

数分パックして乾いた後、海に飛び込みます。


自分は新技飛び込みを試しました。

過去に海にてデンジャラスでかつ美しいテイクオフ技を開発し試した実績があります。

今回はアドリブでしたが「バク天宙返り型コークスクリュー」とでも名付けておきます。

動画だとわかりやすいのですが(笑)


ひねりすぎて痛めたでしょうか。


いてて。

もう若くないって?

オラはまだ16歳のつもり。


ホテルに戻り、夜はコロール島のコロール市にて夕食。


昼食はどこかの島で、夜は市内で夕食の毎日。



このバーガー頼んだのはいいけど縦に長くて一個で満腹になりました。

銀紙で半分くらい見えてません。



そのままバーガーハウスというお店です。

どんな街なんだろうとフラフラと徘徊。



宿候補にあげていたホテル。


宿泊ホテルに戻り、前日夜に誤って食べてしまったスパセットを男だけど試した。

説明通りに15分待ち乾燥したところで洗い流し、また別なのつけて5分後に洗い流し、最後に液体ローションみたいなのをピタピタ顔に含ませてみた。

あまり変化はなかった。

いい匂いはしたけど。


次回へ続く。